芋焼酎を私の独断ランキングで紹介します

芋焼酎ランキング

焼酎うんちく

芋の話

投稿日:

芋焼酎の原料と言えば、当然さつま芋はチェックしないといけません。
もちろん、麹菌や製麹につかう米や麦、仕込みに使う水なども芋焼酎の味わいを決める大切な原料ですが、その甘さとふっくらとした風味、まろやかな口当たり、柔らくて甘い香りなどさつま芋が醸し出すものは米焼酎、麦焼酎などとは違った趣があります。

さつま芋は大陸から琉球を経て鹿児島に伝わったと言われています。
鹿児島から日本各地に伝わったので薩摩の芋と呼ばれていますが、ここ鹿児島では唐芋(からいも)と呼ばれています。

さつま芋は食用はもちろん、デンプン用、焼酎用として多くの種類が栽培されています。その種類は40種以上もあり、近年は芋の品種にこだわる蔵元も増えています。
その中で焼酎の原料として使われるさつま芋を紹介いたしましょう。

黄金千貫(こがねせんがん)

黄金千貫焼酎用の代表的な品種です。
デンプン価が高く、収量も多いので多くの焼酎銘柄で使われています。
白芋で太めなのが特徴です。蒸かすと甘く食用としても人気です。

ジョイホワイト

ジョイホワイト黄金千貫の品種改良をしたもので焼酎専用の芋です。黄金千貫よりもデンプン価が高く貯蔵性も良く焼酎用としては良いのですが、食用としては向いていません。
銘柄としては「海王」などです。

白豊(しろゆたか)

ジョイホワイト糖度の高い芋で蒸すとミルクのような甘さを味わえるそうです。鹿児島では黄金千貫に次いで栽培の多い品種です。
銘柄としては「久耀(くよう)」「宝山白豊」「甘露」などがあります。

ムラサキマサリ

ジョイホワイト外皮も中身も紫色の芋で、ブルーベリー同様ポリフェノールの一種アントシアニンをたっぷり含んでいます。
主に加工食品用として使用されていますが、霧島酒造さんがこの芋を原料にした「赤霧島」を発売し注目されました。

紅さつま

紅さつま赤い外皮で中身は白色です。甘味が強くて味が良いので食用として人気があり「さつま芋の王様」と言われています。
芋本来の甘味を感じる焼酎が多いです。
銘柄としては「千鶴・紅さつま」「赤利右衛門」などがあります。

おすすめ Ranking
私がおすすめする一押し芋焼酎です
おすすめランキング
プレミア Ranking
プレミアの名にふさわしい芋焼酎です プレミアランキング
お湯割り Ranking
ぜひお湯割りで飲んでみたい芋焼酎です お湯割りランキング

-焼酎うんちく

Copyright© 芋焼酎ランキング , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.